関節が痛くなる原因

薬

年齢を重ねていくと、膝や肘の関節が傷みやすくなります。その原因は、関節の周りにある筋肉も一緒に衰えているからです。筋肉が衰えることで関節を支えることが出来ず、骨と骨のクッションとなる軟骨が弱くなっていくのです。軟骨が弱くなると、骨と骨とがぶつかり合い痛みが生じるのです。毎日の生活では軟骨が弱くなることはなく、スポーツをしても支障は生じません。しかし、支える筋肉が衰えてしまうと軟骨はすぐに弱ってしまうのです。最近では肥満体型の人も増え、関節にかかる負担が大きくなっているので1つの原因となっています。脂肪が増え筋肉が減少することで、関節が体重を支えきれず結果、軟骨を弱めて無くしてしまっているのです。関節痛が酷くなると、痛みが1日中続く恐れもあります。寝付きが悪くなり充分な睡眠を取れなかったり、階段やトイレなどの家の中での生活にも支障が出ます。関節を守り痛みのない生活を送るためにも、しっかり予防することが大切なのです。

いつまでも強い軟骨を保つためには、グルコサミンを摂ることが重要となります。グルコサミンの他にも、ヒアルロン酸やコンドロイチンなどの成分も必要となります。しかし最も大切な成分は、グルコサミンなのです。1度すり減った軟骨は元に戻すのが難しく、関節痛も悪化する可能性が高いです。ですが早い時期からグルコサミンを摂ることで、健康な軟骨を保ち痛みを和らげることが出来ます。グルコサミンはサプリメントで手軽に摂ることができ、中でもグルコサミンがギュッと含まれた大正グルコサミンが最適です。大正グルコサミンには主成分となるグルコサミンが豊富に含まれており、関節痛の痛みにも効果的です。また、諦めがちな慢性的な痛みでも、大正グルコサミンを飲むことで改善出来る確率がグンと上がるのです。